ざっくり収納でOK!季節の雑貨を気楽に楽しむコツ

装いと共に暮らしも季節ごとの準備がありますね。
寝具を気温に合わせて快適なものにし、クッションカバーやラグもチェンジする。インテリアのベースが整うと、今度は雑貨で季節を楽しみたくなりますね。
そんな季節雑貨をもっと気軽に楽しめる持ち方と収納法をお伝えします。

楽しみ方は十人十色

どんな季節雑貨を飾りたいですか?
日本を深く感じたいお正月飾りや羽子板
節分から梅の頃のお雛様
新緑もきれいな春 こいのぼりや兜
梅雨時のアジサイ
夏のキラキラ雑貨
大人気 秋のハロウィン
安定のクリスマス雑貨

四季以外でも季節を感じるものが沢山ありますね。
さらには誕生日や記念日などもあり、全てに手を出しているとイベントをこなすだけで楽しむ余裕すらなくなってしまいます。
「ハロウィンは本腰をいれたい」「これは気持ちが乗らないから省略で」と気楽に考えて、時々で季節雑貨とイベントを楽しみたいものです。
飾りたい!これ好き!やっぱりいいね!そんな素直な気持ちで雑貨を選ぶと楽しいですね。

飾るタイミングもひとそれぞれ

秋といえば9月1日の夏休み明けから、10月1日の衣替えから、などの人もいれば、運動会が終わったら秋と決めているなどなど、季節の変化の感じ方は人それぞれです。
「暦の上では○○しなければ」などあまり振り回されずに、その時の気温の変化や自分の「今の気持ち」を優先にして、自分がベストなタイミングで飾りましょう。

収納場所を決めてもっと気軽に楽しもう

出し入れしやすい収納で気軽に

ひな人形や兜、クリスマスツリーなど1年に1度しか出番がなくサイズが大きい物は、多少出し入れのしづらい場所に収納しても問題はありませんが、季節雑貨などの小物類の収納場所はこだわりたいところです。
玄関収納やリビング収納、押し入れ、クローゼットなど、どこでもいいのでその1角の取り出し易く見渡せる場所に収納場所を決めて「ひとまとめにしておくだけ」たったこれだけで気軽に扱えるようになります。

量より質でざっくり収納

雑貨が好きだからと、あれもこれも所有してしまうと、出すのも飾るのも掃除するのも片づけるのも億劫になってしまいます。
やはりここは量よりも質、「これいいな!」と思えるものだけを厳選することで飾った時に、より一層その雑貨の魅力が引き立ちます。
そして収納する時はキッチリ分けずにざっくりでOK!
ハロウィンとクリスマスの両方飾れる雑貨などもあるので、何が収納されているかすぐに分かる程度の簡単収納でいいのです。
収納が簡単なことこそが気楽に楽しめるポイントです。

まとめ

せっかくこだわって選んだステキな季節雑貨も、どこへしまったか忘れてしまったり、しまい込んで埋もれたまま何年も経つなんてことでは雑貨もかわいそうですね。
役割を果たしてなんぼ、かざってなんぼです。
時にはお気に入りを入れ替えたり収納の中を見直すことも必要です。
正解不正解はないので、今の自分が心地よくなる素敵な季節雑貨を自分流に飾って暮らしを楽しみましょう。

佐々木弓子

この記事を書いたくらサポページはこちら >

関連記事

  1. リビングを大人と子供の空間にするためには?

  2. 【収納】ファイルボックスを使ったブーツ収納

  3. ネクタイ選びのポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント