モノを家から出すとき

今の暮らしや好みに合わなくなったモノや必要以上の数を所有しているモノ、1年以上未使用であるモノ。
これらのモノは処分の対象になります。
色々な手放し方と自分の性格を合わせて考え、モノに「片」をつけていきたいですね。

モノを家から出すときは
・売る(譲る)
・捨てる
・リサイクルに出す
・リメイクする
・借りた人に返す

上記のいずれかの処分の形を取ります。
どの形も、相手の都合も考えていかなければならないので、思いついた時に自分の都合だけでモノを処分することはできません。処分には多かれ少なかれ手間が掛ります。
どのくらい手間が掛るのか、自分はどの程度処分に手を掛けられるのか、を合わせて考えながら処分の形を決めると、処分を決めたモノがいつまでも家に留(とど)まっている状態がありません。

「手間」を考える

・売る
売る(譲る場合も含みます)場合は、売る相手を決めます。
引き取ってくれる店や団体に持ち込む場合は運び出しの用意、家に来てもらう場合は事前に日程の調整も必要となります。
ネットなどでの交渉が成立する場合は引渡し方法も考えなければなりませんし、フリマなどで売りたい時には事務手続きの他、荷物の運搬時の手配も必要です。
譲る場合も相手がそのモノを要るのか、要らないのか、都合を確認する必要があります。

・リサイクルに出す
各市町村のリサイクルに出す場合は、指定された日時と場所に従いモノを家から運び出します。
大型のモノは、事前に連絡を取り、回収日を決めます。有料の場合は、支払も事前に済ませます。

・リメイクをする
リメイクをするための知識、新しい形にする為に専用の用品なども必要となる場合もあります。完成までの作業の時間も考慮に入れましょう。
プロにリメイクを頼むときには、リメイク代も必要となります。

・捨てる
家庭内で出るほとんどのモノは、各市町村の定期的なゴミの収集日に出します。
大きなモノや家電など、特別なモノは、各市町村の指定業者に回収を依頼します。
収集日の調整や処分代がかかります。

・持ち主に返す
連絡をして、返す日時、場所などの段取りをします。場合によっては、お礼も考えます。

自分の今の環境と性格を兼ね合わせて考えてみる

モノの処分を決めた時、「捨てる」のは、心が痛みます。
自分がモノの役割を終わらせてしまうより、新たに活かしてくれる持ち主に渡したいという気持ちはよくわかります。ですが、新しい持ち主を見つけるまでには、多くの手間が掛ります。
その手間を今の環境と自分の性格で出来るのか、を考えてより手間の掛らない別の処分方法に切り替えるのも大切です。

モノには、捨てて「片」をつけることも

「片づけ」とは、片(かた)をつけること。モノに対しては、片をつけてあげることなのです。使うタイミングがなく、新品同然のモノや珍品で欲しがる人のいるモノに関しては、何もせずに手元に置くよりも新しい持ち主の元にたどり着けるように手はずを整えてあげるといいでしょう。

ですが、散々使って古くなったモノや劣化の進んだモノは無理に活かすことを考えるよりも「捨てる」という形で「片」をつけてあげることもモノへのお礼のひとつの形です。

処分の方法、手間のかかり方、自分の今の様子などを考え合わせながら、モノをスムーズに処分することが家に不要なモノを溜めないコツです。

森 由香

この記事を書いたくらサポページはこちら >

関連記事

  1. こどもに自立を促すおもちゃ収納

  2. クローゼットは服をコーディネートするところ

  3. 冷蔵庫を整理するメリットを考えてみよう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント