防災用品の持ち方と収納方法

地震などの災害が起きた時に備えて、防災用品の持ち方と収納方法について考えましょう。
防災用品は持ち出し用と、自宅での被災生活用と大まかに考えると良いと思います。

3つのパターンに分けて、防災用品を準備しましょう。
緊急に自宅から避難するとき
避難勧告が出ているときや、避難先から一時帰宅で荷物を持ち出すとき
自宅で救助を待つとき

緊急に自宅から避難するとき

迅速に移動することが必要なときですので、衛生用品・防寒対策・熱中症対策・ライト・軍手など必要最低限のモノをリュックにまとめておきましょう。
すぐに取り出せるよう、置く場所は玄関や寝室に収納するのがおすすめです。

避難勧告時や、一時帰宅で荷物を持ち出すとき

日頃から自分にとって必要なモノや大切なモノをリストにしておきましょう。
水や食料、衛生用品などに加えて、常備薬や家族写真データなど、自分にとって重要なモノを揃えておきましょう。
キッチンや納戸などに収納して、危険度の一番低い「避難準備」が発令されたらキャリーカートに積んで運べるように準備しておきましょう。


自宅で援助を待つとき

防災用の備蓄は一般的に食品、常備薬は1週間分、衛生用品は3週間分と言われていますが、家族構成や住宅事情により異なると思います。
ライフラインが途絶えた時のことも考えて、防災用の備蓄は自分が安心できる量を一度確認しましょう。
例えばマンション住まいの方は、エレベータが止まり階段で運ぶことも想定して、体力が必要な水を大目にストックしたり、高齢者の方は、非常食より飲む栄養ドリンク等が便利なこともあります。
食料に関しては、冷蔵庫の中⇒ストック食品⇒非常食を食べたりして、日常の中に防災を取り入れるローリングストック方法もあります。

参考ページ:内閣府HP「1週間を想定した工夫と備え」

日常備蓄を意識

防災用品は、事前に必要なモノと量を確認することが大切です。
命を守るために、必要なときに使える様にしておきましょう。
普段使用している衛生用品や食品等を、災害時に対応できるように備蓄と管理をしていれば、ストックの持ちすぎや詰め込み収納も避けられます。
万が一を想定して、ぜひ見直してみてください。

野口ゆき

この記事を書いたくらサポページはこちら >

関連記事

  1. 【収納】タオルの「ホテル折り」で生活感をなくそう!

  2. 子供が自分で身支度できる収納作り

  3. 【収納】洗面台下を収納用品で使いやすく

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント