リビングをスッキリ見せる!こだわりたい6つのポイント

あれもこれも「あったら便利だから」とリビングにモノが集まってしまうと、(モノが多くて)雑多な印象になってしまう、とお悩みの方も多いですね。
リビングが、いつもスッキリしていると気分もよく、家族もくつろぐことができます。
スッキリ見せるためにこだわっておきたいポイント6つをお伝えします。

景色にこだわりスッキリ

①入り口から見える景色にこだわる

リビングの入口から見える景色次第で部屋の印象は変わります。
入口に立ってみて何が見えるか観察してみましょう。
テレビや生活家電がドーンと見えてしまう場合は観葉植物や好きな雑貨を目立たせて配置すると印象は変わります。
同様にソファなどの良く座る場所からの景色も観察してみましょう。

②色にこだわる

色を厳選することでスッキリ度は格段にアップします。
床や建具などの色をベースカラーにしてクッションカバーやラグなどでアクセントをつけ、派手な色は小物で使うなどして全体を3~4色程度でまとめるとスッキリした印象になります。

③床にこだわる

家電コードなどの配線は「隠す・浮かす」の工夫でゴチャゴチャな印象を与えるのを避けます。
家具家電の裏に隠す、床に付かないようにコードをまとめて浮かすことで見た目スッキリ、掃除もし易くなります。
また、マットやラグはない方がスッキリ広々と見えます。

家具配置で広く見せてスッキリ

④高さにこだわる

背の高い家具は圧迫感があるので、配置場所には注意が必要です。
家具に高さがあっても部屋の角や柱の隣りなど収まりのいい場所や死角になる場所であれば、配置する高さがあっても圧迫感が少なくスッキリ見えます。
腰高くらいの家具であれば窓も遮らず配置もし易いのでお勧めです。

⑤奥行と面にこだわる

最も重視したいのは「奥行」です。最低限の奥行にしておくと部屋が広く使えます。
さらに奥行の浅い家具のほうがモノの出し入れが圧倒的にラクで、収納方法も簡単で済みます。
配置するときには壁面の2面までにし、並べて配置するときは家具の面を揃えるとスッキリ整って見えます。

収納でスッキリ

⑥リビングのモノにこだわる

リビングに収納するモノは使うモノだけ・好きなモノだけにすることがスッキリを実現する近道です。
収納用品も家具と同じで揃っているとスッキリ見えます。家族共有のものは1グループにつき1引き出しにするなど簡単収納にするとスッキリが長続きします。
しかしながらスッキリを追及しすぎると、隠すことばかりになってしまい出し入れが難しく面倒な収納になってしまうので気を付けましょう。

まとめ

ただ見た目をスッキリさせるのではなく、リビングでどう過ごすのか、自分にとって心地よい空間かどうかを考えることが大事です。
そのためにモノも色も厳しく選び抜くことで自然とスッキリ見えて心地よくなります。
どんなリビングでもポイントを押さえておけばスッキリ見せることができます。
是非この6つのポイントを意識してこだわってやってみてくださいね。

佐々木 弓子

この記事を書いたくらサポページはこちら >

関連記事

  1. 子供が自分で身支度できる収納作り

  2. 初夏は気温に合わせてトップスを選ぶ

  3. 【収納】洗面台下を収納用品で使いやすく

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント