ホームオーガナイザー / 整理収納アドバイザー 西岡幸江さん

━ 今回は、ホームオーガナイザーで整理収納アドバイザーでもいらっしゃる西岡幸江さんの練馬のご自宅にお邪魔してお話をうかがいます。
お招きいただきましてありがとうございます。本日は自宅セミナーの生徒になった気分で楽しみにしてきました。どうぞよろしくお願いします。
西岡さん:こちらこそよろしくお願いします。

片付けは、やり方がわかれば必ず形になると知りました。

閑静な住宅街にお住まいの西岡幸江さん。ご自宅の収納をすべて公開してその暮らしやすさのヒントをたくさん教えてくださいました。かつての多忙な暮らしから今の穏やかな暮らしのお話。大切にしているお客様への思いなども語ってくださいました。

 

━ とても明るいリビング!素敵にお暮らしですね?
西岡(以下敬称略):ありがとうございます。この家に越してきて約10年になりますが、今はとても快適に暮らしています。

━ 以前は、ここまで快適ではなかったのですか?
西岡
:引越後しばらくは、「何で片付かない?」の連続でした。前の家からは、後で片づけるつもりでモノはほとんど処分しないで持ってきました。新居では、まず収納家具を買い足し、それでうまく納まるはずでしたが、一向に片づかない!

━ とにかくモノを収納しようと頑張っていた?
西岡:はい。そのうち片付かない原因は、モノが多いからでは?と思い始め、使わなくなったモノを少しづつ減らし始めました。同時に気持ちもスッキリしてきました。ですが、うまく収納する術も知らなかったので片づかない状態は続き、時間だけが過ぎていきました。

━ まだ、出口が見えてこないですね。どんな形で状況に変化が?
西岡:そんな中、小松易さんの本に巡り合いました。以前は本を見ても興味が湧かず、片付けも進みませんでした。モノを減らし始め、気持ちが良い状態が続いてきた頃に、たまたまこの本を手にし、読んだことをきっかけに整理や収納に興味を持つようになりました。資格を取ったのもこの頃です。

━ 大きく動いてきた感じですね。
西岡
:そうですね。整理収納を勉強してすぐに今までの考え方が間違っていたのだとわかりました。そこからは、「もっと知りたい」という思いが強くなり、上位級や他の資格も取得しました。

━ 今までの間違った考え方とは?
西岡
:モノは家具を増やせば片づくと思っていたことです。特に、収納は何となくわかっていればどうにか上手く収納できる、と思っていましたが、この考えが間違いでした。曖昧な知識だけで進めていくのは無理なのだということも新たにわかったことです。今思えば相当な無駄買いをしてきましたが(笑)間違ったやり方に気づけて良かったと思います。

━ 基本を学んで迷いがなくなったのですね。
西岡
:家全体の収納を見直しながらでしたが、快適な部屋にするまでに最終的には1年位かかったと思います。中でも収納作りには特に時間をかけました。DIYで収納場所を作ったりもしました。

家に興味が持てる様になって、片付けが始まりました。

━ ご自分のペースで家の形が整ってきた様子がわかります。よく、ここまでやり切りましたね。
西岡
:家に興味が持てる様になってきたからです。前の家では、家に全く興味も関心もなく、大量のモノに囲まれて暮らしていました。

━ 今のお暮らしを見ると想像しにくいのですが……。
西岡
:20代からずっと仕事をしてきましたが、結構ハードで…..。そのストレス発散が買い物でした。要るから買うのではなく、ご褒美としてとにかく買うといった感じです。当然、どの部屋もモノであふれて、片付かない。そうなるとその状態を見るのがイヤで休みの日も外出してしまうし、食事もキッチンが荒れ放題だから作る気が起こらず外食ばかりでした。

━ 家は寝に帰るだけ?
西岡:そんな感じです。「家はくつろぎの場」という考えがまるでなかったですね。そんな生活の中、仕事を辞めました。同時期に引っ越しも決まり色々な意味で新しい生活がスタートしました。そしてそこで、初めて家に関心がいき、家の片づけが始まったのです。

━ 家が片づいて、楽しみなどは増えましたか?
西岡
:手芸、家事、DIY などを楽しみ出しました。ハワイアンキルトやアクセサリー作りなどは、家でもきれいな空間で作成できるので捗りました。家事も無駄なモノがなくなり、使いやすい収納にしたことで格段にやりやすくなりましたし、DIYは、棚を組み立てたり、モノ掛けなどを自分好みで取り付けられる様になったので楽しかったですね。

 

━ 趣味の幅が広がったようですが、家を片づけ切れたことと関係ありますか。
西岡
:片づけは、やり方を知ることでやり切ることができました。手芸、DIYも同じで、やり方さえわかれば、必ず形になるということがわかりました。知らなければ、全てが半端なままになってしまうけど、ちょっとでも知識があればそこから先につながるし、達成感を感じることもできます。「知らないことを知る」というのは大切なことなのだなと思います。

━ 経験したからこそ他の人に伝えられる思いもありますよね。
西岡:私は一旦仕事を辞めましたが、整理のやり方や使いやすい収納の仕組みができていれば仕事も家事も上手に両立することもできると思います。今、両立に悩んでいる人には、そのポイントをアドバイスできたらいいな、と思います。

━ ご主人と二匹の保護ネコちゃんとお住まいですが、ご主人はご自分のモノはご自分で管理しているのですか。
西岡
:はい。大枠だけ決めてあります。ここのエリアを使ってとか、このカゴの中に入れてとか、ですね。それができていれば多少中がゴチャついていても何も言いません。
夫には、かつて家が荒れていた時でも何も言わずにいてくれたので、感謝しています。今は健康的に暮らしているので、私の収入は減りましたが(笑)夫も今の生活のほうがいい、と言っています。
また、今は、ネコ中心に考えることで部屋が整っている様なことが多くあります。いたずらするから片づけておく、不衛生だからこまめに掃除するとかですね。家具の配置もネコの事を考えて決めています。

お客様のお話を「聴く」ことを大切にしています

━ お仕事の方はいかがですか。今日は自宅セミナーの生徒になった気分でお邪魔していますが、いつもこんな感じですか?
西岡:はい。片づけの基本をお話して、我が家の収納を見てもらいます。実際に見ていただくとどんどん質問が出るので、それに答えていく形で進めています。その後の個別相談も受けています。

━ 色々と聞きたくなる気持ち、わかります。作業サービスの方はいかがですか?
西岡:ご自宅にうかがって、整理や収納のコツ等を伝えながら一緒に作業をするお手伝いもしています。

━ 色々なお悩みの方がいらっしゃるでしょう
西岡:とにかくお客様のお話を「聴く」ことを大切にしています。皆さんそれぞれに抱えている問題も思いも違うので、そのメンタルな部分を理解しながらお手伝いしていきたいと思っています。
お話だけを聞いている時間は片づけ作業が進まないように思いますが、お客様の気持ちがよくわかる事で、作業が始まった時にはより早いスピードで片付けが進んでいきます。
お客様の声に耳を傾けることが重要なのです。

━ これから片づけのプロになる人にも聞いてもらいたい話ですね。
西岡:アドバイスは、上からの物言いにならないようにも心がけています。大切なのは常に、お客様に対して、失礼のない接客態度とコミュニケーションだと思います。

― 片づけの知識だけではなく、サービスを提供する側としてもそうしたスキルが必要だということですね?
西岡:そうですね。どのサービス提供するにしても同じだと思います。今後も片づけの知識だけでなく接客やコミュニケーションスキル等も磨いて、お客様に寄り添った対応を心がけたいと思っています。

━ 本日はお時間をいただきましてありがとうございました。
西岡:こちらこそ、お運びいただきましてありがとうございました。

(記事:森 由香)

西岡幸江 くらサポページはこちら

民間企業の総務課で経理を担当、結婚を機に退職。後に不動産会社へ入社、総務兼社長秘書を経験。退職後「ホームオーガナイザー」・「整理収納アドバイザー」として「整理収納作業」をメインにお片づけカウンセリング・自宅セミナー講師、コラム執筆等。匿名電話相談「ボイスマルシェ」の専門カウンセラーとしても活動中。汚部屋から脱出した経験から片づけの素晴らしさに気づきスッキリライフを夫&保護ネコ二匹と実践中。
仕事と家事を上手く両立させたい方向けの「整理収納お片づけサービス」:かたづくお部屋 SMART HOME

CRASiiコラム編集部

森 由香(写真:左)
整理収納コンサルタント、AD2級認定講座講師
主に各世代に合わせた整理収納セミナー講師、コラム執筆で活動中

野口 ゆき(写真:左)
整理収納アドバイザー、歯科衛生士
「健康的な生活を応援」をコンセプトに健康とモノの持ち方を一人一人に寄り添った整理収納で提案発信中

関連記事

  1. 片づけ話のおしゃべりタイム~食器の整理どうしていますか?~

  2. 整理収納アドバイザー / ルームスタイリスト・プロ 佐々木弓子さん

  3. 整理収納アドバイザー Fujinao(フジナオ)さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント