整理収納アドバイザー / ルームスタイリスト・プロ 佐々木弓子さん

─今回は、「挫折しない簡単収納で忙しい女性と自分を励ましていきたい」と話す、整理収納アドバイザーでありルームスタイリスト・プロでもある佐々木弓子さんのお宅にお邪魔しました。新築のようにきれいなおウチですね。
今日は、よろしくお願いします。

佐々木さん:こちらこそどうぞよろしくお願いします。

楽々整理収納と心地よい部屋つくりで頑張る女性を励ましています。

ご自分だけではなく、頑張っている女性みんなを応援している佐々木さん。大人しそうな第一印象ですが、お話を聞いていると、なるほど、頼れるタイプであります。整理収納や部屋つくりにしっかりした考えと鋭い目をお持ちで、ますますのご活躍が期待できるまさに強い味方のママでミセスです。

─プロフィールを拝見すると、佐々木さんは、子育て真っ最中のお母さん達や家庭を守っていく女性達の心強い味方ですよね。
佐々木(以下敬称略):はい。中3小6小1の三姉妹の母で、B型主婦です。
同じ女性として見た時に、今の女性はすごいな~と思うのです。時間をやりくりしながら、家族の為に悩みながら頑張って手を動かしている。
だからこそ、簡単に出来る収納を考えて楽に家事を楽しむ、そのお手伝いをしたいと思っています。
アドバイスすることでお互いにヒントがもらえます。

―7月の公式コンテンツコラム「宿泊グッズ専用収納で楽々荷造り」では、旅行前の大仕事が軽減される仕組みについて書かれていますね。
佐々木:荷造りで多くの時間が取られてしまうことを避けるための工夫が結局は、ささっとの準備や帰宅後の楽々片付けにつながります。また、仕組みを作っておくことでお子さんが自分で旅行準備、後片づけができる様になります。

―旅行の荷造りや後片付けで苦労している人に大ヒントですね。また、結果的にはお母さんの「簡単」や「楽」がお子さんの自立につながっていて、一石二鳥の話ですね。
佐々木:年齢的にも時期的にも、子どもたちが単独で出かける部活の合宿などが多くなるので、ポイントを伝えたいと思い書きました。参考にしていただければ、と思います。

娘達がいなかったら、この仕事をしていなかったかもしれません。

―整理収納を仕事にしたきっかけをお聞きしたいですが。
佐々木:元々、幼い頃から片付けや収納が好きで、独身の頃は家族を巻き込んで模様替えなどをちまちましていました。
結婚して、二人の娘が生まれてからも、趣味の範囲で好きな様に家いじりを楽しんでいました。
そんな中、三女を授かり、後々を考えて本格的に何か仕事をしたいと思うようになり就職を考え始めたのです。
その頃、私は、雑誌でブロガーやモニターなどをしていましたが、その本で、ちょうど梶ヶ谷陽子さんが活躍されていて、整理収納をアドバイスする仕事があるのを知りました。

―その時、整理収納アドバイザーという資格も知ったのですね。
佐々木:調べてみると整理収納の分野ならば、自分の「好き」が趣味ではなく、仕事になるのでは?と思い始め、臨月に入っていましたが、資格を取り勉強を始めました。

―上のお子さんふたりの世話をしながら、出産準備、資格取得、仕事を始める準備は大変だったでしょう。
佐々木
:そうですね。なので、生まれた三女が落ち着く一歳半まで家でブログを始めたり、ホームページを作ったりしていました。やがて三女が保育園に入るのを待って本格的に仕事を始めました。

―整理収納アドバイザー認定講師資格とルームスタイリスト・プロの資格もお持ちなのですね。
佐々木:それぞれ別の分野の資格ですが、両方の資格を持っていることで、より整理収納に関してもより深い話が出来ると思っています。

―ルームスタイリスト・プロについてもう少し教えてください
佐々木:ルームスタイリストは、プロ資格を持つことでお客様に部屋の模様替えに関する知識を提供する仕事です。
部屋は自分の心とつながっていると考えます。まずは、自分の「心地よさ」や「好き」を知ることが大切なのです。
そこから、具体的にインテリア、配置、照明、色などを自分の「好き」で決めながら、部屋を整えていくのですが、なかなか、皆さん、自分では、最初の「心地よさ」や「好き」を知るタイミングも追及する機会もありません。
なので、私達ルームスタイリストが機能性や便利さだけではなく部屋をどんな風にしたいのか、何が好きなのか、を探ってある程度の方向性をつけてあげることができます。いわゆる、インテリアコーディネイターに渡す前の仕事です。

―自分の「好き」があるのだけど、それが何かわからない、という感じ、わかります。ルームスタリスト認定講座も開催されていますよね。
佐々木
:はい。認定講座では、自分で「心地よさ」や「好き」を見つけ出してもらえるように手助けをしています。そこから、自分の力で模様替えが出来る様に具体的なテクニックなども身につけることができる講座にしています。

―整理収納とモノの持ち方と繋がる感じですか。
佐々木
:自分の「好き」がはっきりすると本当に好きな物が見えてきます。するとモノの要・不要のライン引きが楽にできる様になるのです。
今まで、何となく捨てたくないと思いながらも使うわけでもなく持っていたモノが、自分の「好き」なモノだと気がついて格上げになったりします。

面倒な家事も私のブログで気持ちを軽くしてもらえればいいな

―これからどの様な感じで整理収納を伝えていきたいと思っていますか。
佐々木
:今の女性は仕事も家事もみんな頑張っていて、本当に素晴らしい。尊敬しています。その中で、いくらかでも暮らしを楽に考えることとか家事を楽しめることなどのお膳立てをしたいです。

―ブログなどでもさらっと生活の楽しさを発信していますね。
佐々木
:ブログでは、暮らし全般をネタにした笑えるネタコラムなどを書いていきたいと思っています。家の事は頑張っていてもどうしても評価が低くなりがちです。
だから、面倒だと感じる家事も私のブログを思い出して「あるある」とくすっとしながら、少しでも気持ち的に軽くこなしていければいいな、と思っています。
そんなことを考えながら、これからも色々な形で皆さんに発信していきたいと思います。

―本日は楽しいお話をありがとうございました。
佐々木:お越しいただきありがとうございました。

(記事:森 由香)

佐々木弓子 くらサポページはこちら
さいたま市北区在住 3姉妹の母 B型主婦
NPO法人ハウスキーピング協会認定講師
整理収納アドバイザー1級 / ルームスタイリスト・プロ
横浜市、船橋市と移り住み、現在は出身地である埼玉(さいたま市北区)在住。子供のころから模様替え、家いじり(部屋いじり)が大好きでした。大学在学中は政治学部で色々学びつつ、仕事並にアルバイトに精を出し(苦笑)卒業後は自動車販売会社の営業職、カフェチェーンの店長を経験。多くの接客業から培った行動力・サポート力を生かして、お客様のニーズを読み取りご提案中。

CRASiiコラム編集部

森 由香(写真:右)
整理収納コンサルタント、AD2級認定講座講師
主に各世代に合わせた整理収納セミナー講師、コラム執筆で活動中

野口 ゆき(写真:右)
整理収納アドバイザー、歯科衛生士
「健康的な生活を応援」をコンセプトに健康とモノの持ち方を一人一人に寄り添った整理収納で提案発信中

関連記事

  1. 整理収納アドバイザー Fujinao(フジナオ)さん

  2. 住空間収納プランナー マスター 渡部しのぶさん

  3. パーソナルコーディネーター オミひろ美さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント