夏はショートパンツでおしゃれの幅をひろげる

連日外気温は30℃越えとなると汗ばむため服選びが苦手な人もいるかと思います。

暑い季節は素材や色選びは重要です。夏のボトム選びは、肌を見せる派と見せない派に分かれますね。
肌露出は気にならない見せる派は最旬のアイテム、ショートパンツを取り入れて、ぜひ穿きこなしましょう。

ショートパンツは若っぽく見られがち、太い脚を見せたくないと思う人もいるでしょう。
実は露出が多いからこそメリハリで足が細く見えるのです。

失敗しないショートパンツ選びのポイントをご紹介します。

太ももカバーには「ゆるシルエット」

太ももの太さが気になるという方には腿(もも)とショートパンツの間に隙間がある、ゆったりしたタイプで裾に向かって広がっていく形がおすすめ。
膝上10cmほどの少し長めを選べば腿(もも)の一番太い部分を隠せて細見え効果を狙えます。

色は寒色系や濃色がベスト

パンツは暖色よりも寒色が引き締まって見えます。
ショートパンツはリゾート感が出やすい為、ブルーやグリーンの無地を選ぶとクールで大人なイメージになります。
ネイビー・ブラックはコーディネートもしやすく着やせ効果もあります。
柄を選ぶ場合は派手なプリント柄も濃色ベースがオススメです。

生地は厚めでしっかりした素材

薄く柔らかい素材より、厚手の生地は体型ラインが見えにくいので、気になる部分をうまく隠せてスタイルカバーがしやすいのです。
はりのある生地はデザインもすっきりとしているものが多く、着こなしやすくなります。

ショートパンツは肌を隠せるアウターと相性が良い

真夏はノースリーブにショートパンツのカジュアルな着こなしになりがちなので、「大人きれい」を意識しましょう。

冷房対策にもなるカーディガンは袖を通して着るだけではワンパターンになりがちですが、アクセサリーのひとつとして捉えると着こなし幅が広がります。
腕を通さずに肩にかけたり、ストールのように肩に巻くとあか抜けして見えます。
肩に巻くときも中心からずらして、アシンメトリーになるように片側の肩に掛けるなどちょっとした工夫でおしゃれになります。

おしゃれ上級者はショートパンツより、長めなロングカーディガンを合わせてみてはどうでしょう。お尻や太ももの気になる部分も隠せて露出度のバランスもとれます。

今まで自信がなく露出の多いショートパンツを穿けなかった人も、アウターと合わせてコーディネートの幅を広げてみてください。

オミ ひろ美

関連記事

  1. 玄関はセンスで魅せる家の「顔」

  2. 保留ボックスを活用して服の量を把握&管理

  3. モノの持ち方 3つのルール

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント