洗面所は出す&置かない&掛ける収納で快適

洗面所は限られたスペースを有効に活用させたい場所です。
いつもゴチャゴチャしているという方は収納の仕組みを見直してみましょう。
ご自身は使いやすい収め方をしているつもりでも家族にとっては上手く使えない場合もあります。
無理なく楽に出来る方法を提案してみるのもいいでしょう。

毎日使うモノは出したまま収納

例えば、鏡裏収納にご主人の髭剃りやシェービングフォーム・コンタクトの洗浄水等の置き場所があっても使用後に洗面台に出しっぱなしになっている場合があります。
そんな時は、ご主人専用のケースを用意して、ケース内に毎日使うモノだけを収めてもらうようにするといいでしょう。
ケースは洗面台に出したままでも洗面台が散らからず見た目もスッキリします。
ケースごと移動させれば掃除も楽です。

汚れた洗濯モノを床に置かない仕組み作り

整理収納作業へ伺うと洗面所の床に汚れた洗濯モノが山積みになっているお宅を目にします。
床に汚れた服を置かない方法として、洗面所のモノをすべて整理し収納も見直す必要がありますが、まずは数百円で購入できる折り畳み式のランドリーBOXを使ってその中に「汚れた洗濯モノ」を収めるように習慣付けます。
床には、服を置かないよう心がけ、床が広く見えるようにしてみましょう。
BOXは、折り畳み式なので使わない時はペッタンコになりますので場所も取らず洗濯機脇の隙間に収まります。

掃除道具は掛ける収納で使いやすく

掃除に必要な道具を家族がわかるようにセットしておくといいでしょう。

・洗濯機にマグネットや吸盤タイプのフックやホルダー等を使ってハンドモップや雑巾を掛ける。

・雑巾代わりに、古くなったTシャツやタオル等を小さくカットした古布(ウエス)を用意する。

古布(ウエス)のメリットとして使用後はすぐ処分できます。
雑巾を洗う手間も省け、小さくカットしているので汚れが気になったらこまめにお掃除できます。
何より使用しなくなったTシャツやタオル等を再利用することでとても経済的です。

古布をカットするのが面倒な方は市販のお掃除シート・グッズ等を利用してこまめに掃除ができるようにしておくといいでしょう。

家族皆が楽にできる収納の仕組みを作っていつも清潔な洗面所にしておきましょう。

西岡 幸江

この記事を書いたくらサポページはこちら >

関連記事

  1. これならできる!!腹八分目の収納術

  2. 【整理】今の自分に合った美容・化粧品

  3. 家の「きれい」を保つ3つのサービス その1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

マイアカウント